プロテオグリカンって何? - すまいるネット

すまいるネット

プロテオグリカンって何?

作成 by すまいる

グリコサミノグリカン(多糖)とコアタンパク質が一定の結合様式で結合した糖たんぱく質を、プロテオグリカンという。

このプロテオグリカンが鮭の鼻軟骨から取り出され、健康食品や化粧品の素材として活用されています。

プロテオグリカンは、組織形成や伝達物質としての役割など、組織維持修復に関係している事がわかってきて、コラーゲンやヒアルロン酸と関係して身体組織や皮膚組織を維持しています。

プロテオグリカンの保水力は、ヒアルロン酸の1.3倍もあるので、このプロテオグリカンを補うことで保湿出来る力が変わるのも納得です。

余計な油分やアルコールを使わずに、高熱処理もしていないので、本来のプロテオグリカンの機能がそのまま肌に浸透するといわれます。。

また、浸透しやすいように水溶化されているので、肌の奥まで浸透して保水してくれるから、乾燥肌にダイレクトに効果が現れるという訳ですね。

 

プロテオ」とはたんぱく質のプロテイン、「グリカン」は多糖類。

プロテオグリカンとは糖たんぱく質の一種です。

ヒアルロン酸やコラーゲンとともに皮膚にも広く分布し、保水性に優れているため、肌を保湿しハリや弾力の維持のための重要な成分です。


プロテオグリカンのコアタンパク質にはEGF様領域が存在しています。
EGF(Epidermal Growth Factor)とは「上皮細胞増殖(成長) 因子」と呼ばれ、細胞の成長と増殖の調整に重要な役割を担っています。

EGFは表皮に存在し、年齢とともに減少します。

20代後半から急激に減少し始め、70代では20代の1/6にまで減少するとされています。。

EGFの減少は肌老化の原因となります。

鮭鼻軟骨プロテオグリカンは、あたかもEGFのように振舞うことが確認されています。

プロテオグリカンはヒアルロン酸と同等の保湿力があります。

どちらも水分を吸収して保持するのですが、ヒアルロン酸はどちらかというとベタッとした手触りですが、プロテオグリカンは同じ保湿力でもサラッとした感触なのが特徴です。

 


化粧水いらずの美容液 「テルヴィス」 アクアプロテオ

保湿の王様ヒアルロン酸を超えた成分『プロテオグリカン』配合美容液

特別なお手入れをしなくても問題なかった20代の肌・・・

年齢と共に増えていく肌トラブル・・・

色々と試しても試してもなかなか結果が出ない・・・

そんな年齢による肌トラブルに悩むアナタに朗報・・・

ハリと弾力を与える30代からのエイジングケア

化粧水いらずの美容液
『テルヴィス アクアプロテオ』

ヒアルロン酸の130%の保湿 プロテオグリカン配合

TERVIS【アクアプロテオ モイスチュアジェル】

 

アクアプロテオ モイスチュアジェルの口コミ情報

自然由来なのに、ケミカルよりも力強い、1本でいいなんてしんじられなかった!!

乾燥し過ぎて頬が真っ赤になってしまうわたしには、手放さない!

小じわもピンって跳ね返しそう、やっぱり高機能な美容液を選びたい。

 

ヒアルロン酸を超えた、実感できるエイジングケア。

 


「暮しの匠」グルコサミン

吸収率3倍、驚異のグルコサミン「暮しの匠」

次世代成分N-アセチルグルコサミンをはじめ、 プロテオグリカン、非変性II型コラーゲン、 ヒアルロンサンを贅沢配合

 


アマゾンの、プロテオグリカン

楽天市場の、プロテオグリカン